ギャルサーの発祥地

渋谷センター街は東京都渋谷区宇田川町にある商店街の名称で、 文化村通りと井の頭通りに挟まれた渋谷駅前交差点から東急百貨店本店付近の約350mの区間をさしています。
「センター」は宮益坂と道玄坂に挟まれた“中央の”商業エリアである事から呼ばれたようです。

渋谷センター街沿には多くの飲食店や、ファストフード店をはじめ、大型レコード店・ゲーセンなど多彩な業種の店が営業しています。

中学生・高校生といった若年層の通行が特に多く、テレビ局による街頭取材もよく見受けられる有名な場所となっています。

ギャルサーの発祥、活動の地といわれています。

ギャル系女子高生の集い

2000年代のはじめからギャル系女子高生同士が組んだサークルが発展し、正式なサークル活動となった。
ギャル系雑誌(Popteenなど)で紹介され、テレビドラマなどでも取り上げられて有名になりました。

2006年には、ギャルサーをベースとしたテレビドラマ「ギャルサー」が放送されています。

サークルの中には規律が厳しく、後輩は敬語しか使えなかったり、サークル加入には面接試験などを導入したサークルもあるそうです。

新垣結衣『連続ドラマ』

『ギャルサー』は日本テレビ系列で2006年4月15日〜6月24日まで放送されていたテレビドラマ。
藤木直人の日本テレビ連続ドラマ初主演作。

ナギサ(新垣結衣)本名は坂下渚・・
(エンゼルハートの黒組リーダー、18歳)
サークル内で一番パラパラがうまく、おしゃれでクール。

レミ(渋谷最大のサークル「エンゼルハート」の6代目総代表。カリスマ的な魅力でサークルを統率し、サークル内に厳格な規律を敷く。事あるごとに、エンゼルハートのメンバーの前で「だって、○○してみ?あーっ、エンゼルハートって、××なんだって思われちゃうじゃん?」という冗談(ボケ)を持ちかけ場を和ませようとしている。)とはソリが合わず、反抗的な態度をとっている。
(エンゼルハート総代表の地位をレミと争って敗れたため)
ドラマ進行とともにレミとの友情を深め合っていく。
レミのボケには「思わねえよ」とツッコミをいれる。
過去に激太りしていた(小学生のころ)ことはみんなに隠している。そのため太ることを極端に嫌っている。
第3話で、進之助に公園の落とし穴に落とされる。(食べ物を捨てたのが理由)
3年後に看護師になる。

ギャルサーは癒しの場・・

「ギャルサー」とは都会を中心に女子高生など若い女性で構成されている集団のこと。ギャルサークルの略語

社会の常識にとらわれず、自分たちなりのルールで生き、周囲のものには彼女たちの行動が理解しにくい。
ガングロの化粧をし、道路脇に座りこんで話し合ったり、ダンスをしたりして仲間との時間を大切にする。
主にパラパラを踊るのを目的に集まっている女子高生が中心の少女達。
仲間と話をしたり、相談をしたり、一つの目標(パラパラを踊る)に向かって練習したり、サークル内の規律はけっこう厳しい。20歳を超えるとおねえ系ギャルとして卒業し、サークルから抜けていくようです。
ガングロの一見非常識そうな彼女らにとっては「癒しの場」であり「生きがいの場」でもある。

「ギャルサー」は日本テレビ系列で2006年4月15日〜6月24日まで放送されていたドラマで一躍有名になった
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。